色々な種類の歯科医院を知って、その時の自分に合う歯科医院を選ぼう!

目的別歯科医院の選び方!チェックすべきポイントとは?

あなたが歯科医院を探す時に知っておきたい情報!

歯科医院は人の体に携わるので、重大な責任を担う必要があります。 そのため分業し専門性を高める必要があり、補綴(ほてつ)科、保存科、歯周病科、口腔外科、矯正科と専門科を分けています。 病院なら近所の総合病院で事は済みますが、歯科医院の場合はそうはいきません。 後に各科の治療を含め詳しい内容を説明します。

あまり知られていない歯科医院のすべて!

あなたが歯科医院を探すポイントはどんなことがあげられるでしょうか?
やはり多くの方が歯科医院を探す時に気になっていることは、「痛くされるといやだな~。」「治療の腕はどうなの?」「優しい先生がいい!」「料金はいくら?」など、ただでさえ初めてのお店に行く際は緊張するものですが、歯科医院に行く際は更に心身の緊張感が高まり思い悩むものです。
そんな時は、先に述べた専門性を知り、得意な治療を知る事で「治療の腕はどうなの?」と言った悩みを解決する術となります。
「入歯を作りたいな~」「被せた銀歯が良く取れて困るんだよ」なんて時は、入歯やブリッジ、被せ物を得意とする補綴(ほてつ)科を選択することが出来ます。お子さんをお持ちの方ならご存知であろうと思いますが、先生から「この子の歯は大人の歯は出ないかもね」なんて言われ、今ある子供の歯が抜けたらインプラントを選択せざるおえない状況下の方は、虫歯や根っこのトラブルを最速で発見し歯を残していくための治療を専門的にしてくれる保存科を選択することが出来ます。細菌感染などで歯周病となり公衆が気になっている方が闇雲に歯科医院に行っても重度であれば「専門のドクターを紹介します」なんて無駄足を踏まなくとも、歯周病科を選択すれば良い事。親知らずの抜歯や、口の中の怪我、インプラント治療、口腔ガンなどの場合も専門外の歯科医院に行っても何もできないことが多いでしょう。そんな方は口腔外科を選ぶべきです。矯正をする際も矯正専門の矯正科のある歯科医院を選択すること、矯正治療が終了した時点で思った仕上がりにならなかったなどの取り返しのつかない結果へのリスク回避ができます。
最も大事なことは、自身の体を診せるので専門性で選ぶことが第一選択条件と言えるでしょう。
そのうえで、先生やスタッフの人柄、料金体制、ドクターの腕、評判などで選択する医院を絞る事をおすすめします。

HPや電話を活用しよう!

ここで説明する、HPを活用するとは、HP上の文言をすべて信じて情報とする訳ではなく、確実な情報のみを抜粋しましょう。院長の経歴や、どういった専門医が院内にいるかなどは、とても大切な情報となります。なぜなら患者はドクターに付くからです。確実な情報のみを見定めて歯科医院の選択に役立てることが大事です。

最新治療は出来る?

歯科治療は、流れ作業で施すものではありません。 一人のドクターが強い集中力の上、治療をしなければ重大なミスを起こしかねません。 初検のカウンセリングはもちろんの事、一患者の歯の治療内容だけでなく、患者の人柄や、考えている事を理解する度量が必要です。 そのためには、担当医性は必要不可欠です。